独立起業&創業開業(鎌倉・藤沢)を税理士・社労士が支援 鎌倉・藤沢での独立起業&創業開業は当税理士社労士事務所



ふじっくす

 会社設立&法人成り

 鎌倉&藤沢支援サイト

TEL 0467-32-5017  E-Mail:info@fujix.gr.jp

HOME 会社設立 法人成り 起業&開業 資金調達 女性&シニア 税理士 社労士
最重要事項 プロフィール 報酬&料金 契約の流れ リンク集 メルマガ&ブログ SITE MAP お問合せ

     HOME独立起業&創業開業

   独立起業&創業開業 成功のツボ


独立起業&創業開業のツボ

知らないでは済まされない 究極の5ヶ条


  独立起業&創業開業に伴う会社設立は、東京23区において年間約3万件ありますが、1年後には約3割・10年後になると約9割が廃業しているという統計があるのをあなたはご存知でしたか?

  1. 収入源を確保しよう
  2. 小さく始めよう
  3. 費用(特に固定費)は極力抑えよう
  4. 開業資金は国民金融公庫で借りよう
  5. 専門家の活用
  独立起業&創業開業の厳しい現実を前にして、10年後にあなたの会社が生き残るための5つのポイントをご案内します。


1.収入源を確保しよう


  経沢香保子さん(トレンダーズ株式会社・有限会社女性起業塾 代表取締役社長)に代表されるように、女性が起業して成功するのも決して珍しくはない時代になりました。経沢さんが提唱している「年商1億円、所得3000万円」を目指すとなると、ちょっと重たいかもしれませんが、自分の特技や趣味を活かして、「プチ」独立起業&創業開業してみようかなぁ、とお考えの女性は少なくないはずです。

  2007年問題もいよいよです。これまで日本経済を支えてきた団塊の世代の大量退職が始まる、ということです。これまで培ってきた経験やノウハウを活かして、定年退職を機に独立起業&創業開業してみよう、とお考えのシニアも少なくないはずです。

  さて、この主婦とシニアには、独立起業&創業開業にあたって他の追随を許さない、一般の人は敵わない、絶対的な強みがあります。それは、いったい何なのでしょうか?

  独立起業&創業開業した最初のうちは「良くて収支トントン、多少の赤字なら御の字」といったところが普通ですが、これでは明日から生活できません。「続けていれば、そのうち上手くいくさ」といった猶予は与えられていないのです。

  残念ながら、独立起業&創業開業の最初のうちはなかなか上手くいかないものです。どんなに考え抜いた方法であっても、当初の予想とは必ず異なる結果になります。しかし、この失敗の分析こそが独立起業&創業開業の成功へのパスポートです。トライ&エラーを繰返すことによってのみ、成功にたどり着くことができるのです。

  独立起業&創業開業を成功させる最大のポイントは、「あきらめないで、最後までやり続ける」つまり「失敗し続けることが許される環境にいる」ということです。しかし、普通の人にはそんな余裕はありません。利益を稼がないと、明日から生活ができなくなるからです。

  普通の人と違って、主婦には旦那様の収入があり、シニアには退職金や年金があります。この経済的な保証がある限り、事業の浮沈によって生活が左右されることは絶対にありません。「あきらめないで、最後までやり続ける」ことが出来る環境にいる主婦やシニアは、独立起業&創業開業を成功させるための最大の障害をすでにクリアしています。

  さて、あなたは如何ですか?

  あのトヨタ自動車もいきなり自動車産業に参入したわけではなく、豊田自動繊機という繊維業での稼ぎ頭があったからこそ、自動車産業での成功が可能になったことは、有名な話です。

  繰り返しになりますが、独立起業&創業開業成功の秘訣は、「成功するまで事業を継続し続ける」ことです。残念ながら、どんなにシュミレーションを重ねても、予想通りに売上は伸びないものです。 ならば、逆にこれを前提として事前に対策を講じておく必要があります。

  その一つとして、「本業が軌道に乗るまで、これを補うことができる他の収入源を確保する」ことが挙げられます。例えば、現在あなたがサラリーマンであれば、ぎりぎりまで会社を辞めないことです。

  あなたが成功を勝ち得るには、少し遠回りにはなりますが、時間の縛りがきつくない、何らかの収入源を並行して確保されることをお勧めします。


2.小さく始めよう


  独立起業&創業開業するにあたっては、まず「小さく始める」ことをお勧めします。いきなり大きな店舗を借りたり、大量発注したりして、一発勝負をかけるようなことはしないで下さい。最初のうちは小さく始めて、無理をせず必要とされる時間をかけて、少しずつゆっくり育てていく、という手順が大切です。

 何故なら、最初のうちは誰でも必ず失敗します。イメージどおりに事は運ばないものです。最初から一つの方法に絞り込み、100万円をかけて一発勝負にでるよりも、10万円ずつ5回に分けて思いつく方法をそれぞれ試し、比較的うまくいったものに次の資金を投入する、これを繰り返してベストな方法に絞り込んでいく、といった発想がポイントです。

 10枚のカードの中に当たりが1枚あるとします。成功とは、1枚1枚失敗というカードを引き続けて、当たりのカードまで無事にたどり着く旅である、と云えるかもしれません。

  そのためには、なるべく身軽に事業をスタートさせる必要があります。最初のうちは会社設立をせず、とりあえず個人事業で始めてみる、というのも一つの選択肢でしょう。

  ただし、会社法が改正された現在、会社設立には、その設立や維持に莫大な費用が必要とされなくなったので、取引条件や営業活動などを充分考慮して、その必要性を見極めて下さい。


3.費用(特に固定費)は極力抑えよう


  独立起業&創業開業の最初のうちは収支トントンを目指しましょう。とりあえず、生活を圧迫するような大幅な赤字にならなければよいのです。赤字を出さない為には、当たり前ですが「費用を売上以下にする」ことです。

  売上に連動して費用が発生する収支構造であれば、赤字は絶対に発生しません。これを目指すためには、まず固定費を極力抑えることです。固定費のうち特に検討が必要なのは、店舗、人件費、設備投資、の3つです。

@ 店舗(事務所)

  自宅を店舗(事務所)とすることができる事業であれば、独立起業&創業開業のスタートはとりあえず自宅で済ませましょう。賃借料は最大の固定費です。物品販売であっても、店舗販売とするのではなく通信販売にできないか、検討してみて下さい。

A 人件費

  月給で正社員を雇うのは云うに及ばず、時給のアルバイトであっても結構な費用がかかります。独立起業&創業開業の最初のうちは家族の協力を得るようにしましょう。またパソコンやインターネットを駆使して極力人の手がかからないビジネスモデルを構築することが大切です。

B 設備投資

  電話、FAX、パソコンなどは、今あるもので済ませましょう。特別に必要なものがあれば、まずはレンタル(リース)を検討してみて下さい。独立起業&創業開業の最初から多額のお金をかけて購入するのは、あまりお勧めできません。

C 在庫商品

  在庫は固定費ではありませんが、売れずに残ってしまうと、大きな負担になります。売れた分だけ後から仕入れたり又は製造することができないか、工夫してみて下さい。これが可能となれば、在庫をかかえるリスクを回避できます。単価が下がるからという理由で、独立起業&創業開業の最初から大量に仕入れるのは、リスクが大き過ぎて危険です。

  知識や情報といったものを商品にすることが出来れば、在庫リスクは全く存在しません。ちなみに我々税理士や社会保険労務士といった士業も、この分野に属します。在庫商品との並行販売が出来ないか、検討してみて下さい。

D 広告宣伝

  インターネットがこれだけ発達した社会で独立起業&創業開業できるあなたは幸運です。一昔前であれば、小資本が大資本と同じ土俵で戦うなど全く不可能でしたが、インターネットがこれを可能にしました。

  これまでは、広告宣伝で効果を得るには、ある程度の出費は避けられませんでした。しかしパソコンの普及とインターネットの発達によって、従来と比較すると、殆ど無料に近い出費での広告宣伝が可能となったのです。

  ホームページ、メルマガ、ブログといった様々なツールがあります。それぞれの効果的なやり方は、市販の解説書に譲りますが、必ず押さえておかなければならない最重要ポイントは「必ず自分の手で作成する」ということです。

  これは、単に出費を抑えるということだけ(これも結構大きいですが・・・)が理由ではありません。自分でやらないと、どうしても費用や手間の関係から、細かな調整をスピーディに対応することができなくなるからです。


4.開業資金は国民金融公庫で借りよう


 事業を継続できることが、独立起業&創業開業の成功への最大のポイントです。最初のうちは大きな借金をしないでおきたいものですが、どうしても幾らかの開業資金を借りなければならないケースもあります。また、小さな規模でトライ&エラーを繰り返して色々と試してみた結果、ある程度の見通しがつき、もう少し大きな規模へとステップアップする場合も、お金を借りる必要があります。

 そうした時は、まず最初に国民生活金融公庫から借りることをお勧めします。

  政府系金融機関のため、民間金融機関では普通だと相手にしない創業者に対しても、融資をしてくれます。また、民間金融機関と比較すると、低金利&固定金利で、しかも返済期間が長い、という特徴があります。

  特に女性やシニアに対しては、「女性&シニア起業家資金」という制度が用意されています。女性又は55歳以上であれば特別に厳しい要件はないので、融資を受けるにあたっては、この制度をまず検討して下さい。

  さて、融資を受けるためのポイントとしては、次の3つがあげられます。

@ 借入金額と同程度の自己資金

  「300万円借りたいのであれば、自己資金を300万円用意しておけ」ということです。独立起業&創業開業時の自己資金を通じて、あなたの計画性や真剣さを審査するのです。十分な自己資金も用意できていないようでは、計画性や真剣さを疑われても仕方ありません。

A 保証人又は担保

  制度としては、無担保・無保証人の新創業融資制度もありますが、現実問題としては、過度な期待はしないほうがよい、と考えておいたほうが賢明です。融資を受けたいのであれば、保証人か担保を準備しておいた方が確実です。

  保証人は、もしものときに代わって借金を返済してくれる人ですから、経済的な保証が必要です。金持ちにお願いしろ、ということではないですが、公務員や大手企業の社員など、安定した収入がある方が最適です。

B 事業計画

  形式要件である@やAと違って、開業準備や事業計画はその内容が問われます。そのため、融資を受けるにあたっての最大のポイントになる、といってもよいでしょう。他からのアドバイスは受けつつも、最終的には自分自身で考え、自分自身の言葉でその計画性や熱意を伝える必要があります。

  事業計画には、売上と費用共に数字の根拠が必要です。未来のことですから、誰も確実なことは分かりませんが、過去の実績や業界平均値などの数値が参考になるでしょう。これにあなたなりの特殊事情を加味すればよいのです。

  融資を受けるために行動を始めてから実際に融資される迄は、約1ヶ月かかります。計画は余裕を持って進めてください。


5.専門家の活用


  独立起業&創業開業に当たっては、これまで踏み込んだことない未知の世界のことでもあり、分からない事だらけで不安で一杯ではないでしょうか?

  最初に専門家の適切なアドバイスを受けて独立起業&創業開業をスタートするのか、我流で始めるのかも、成功の命運を大きく左右します。その業界のことについては、私どもよりもあなたの方が一家言あるでしょう。しかし、あなたの独立起業&創業開業を事業として捉えたとき、今まで経験したことのない「経営としての判断」が必要になります。

  「費用は極力抑えるが、必要な投資は惜しまない」という姿勢が大切です。税務や労務を単なる手続と考えると「自分でやればタダ」という発想になりますが、税理士や社会保険労務士などの専門家のアドバイスやサポートは、投資額(顧問報酬)以上の費用対効果があるものです。税金、社会保険、助成金などは専門家のアドバイス一つで、数万円、数十万円と異なってくることが少なくないからです。



  「独立起業&創業開業について、もう少し詳しい話を、直接、税理士・社会保険労務士・行政書士に聞いてみたい」とお考えの方は、訪問日時のご予約 からお申込み下さい。あなたからのご連絡をお待ちしています。

  私どもは「わが事務所をぜひ!」といった売込みは一切致しませんし、説得もしません。もちろん、訪問の後に、売込みのためのしつこい電話やメールもありません。あなたからのお返事を待つのみです。そのワケは、「契約の流れ」をご参照下さい。


 
   最重要事項


  私どもは、次のような方を顧問先として考えています。この5つの項目にどれも該当しない場合、顧問税理士や顧問社会保険労務士として、私どもはあなたにとっておそらく適当ではありません!他の税理士事務所や社会保険労務士事務所をお探し下さい。 


  1. 税理士や社会保険労務士を経営パートナーとして位置付け
  2. 鎌倉市・藤沢市及びその周辺地域で自宅開業
  3. 年間売上が5000万円以下で、社員は奥様などの親族が中心
  4. 経営者の年齢は30代〜50代
  5. 業種はサービス業、小売業、飲食業など

  少しでも多くの顧問先を獲得するために、どこの税理士事務所や社会保険労務士事務所も、広範囲の地域のありとあらゆる業種や規模の会社を対象として、営業活動を展開しています。

  では、何故、私どもは「鎌倉市・藤沢市及びその周辺地域(茅ヶ崎市・逗子市・横浜市など)で自宅開業」に限定するなど、顧問先を最初からこのように絞り込んでいるのでしょうか?どうしても譲ることの出来ない税理士や社会保険労務士としての私どもの「こだわり」とは・・・


                 税理士や社労士としての私どもの「こだわり」とは


 
   メルマガ&ブログ


  鎌倉市・藤沢市及びその周辺地域(茅ヶ崎市・逗子市・横浜市など)で活動する税理士&社会保険労務士が発行するメルマガ「湘南鎌倉 商い知恵袋」の発行趣旨は、よくある「お役に立つ最新の情報を、いち早く読者の皆様へ」というものではありません。

  何故なら、このようなお題目でメルマガを創刊すると、必ずちまたに溢れる広告収入目当ての迷惑メルマガに陥ってしまうと確信しているからです。それでは、メルマガ「湘南鎌倉 商い知恵袋」の発行趣旨とは、一体何なのでしょう?

  最新号 04月21日 雇用契約書 ポイントその1 雇用期間


  吾輩は“犬”である。根城は鎌倉市・藤沢市あたりの界隈だ。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でワンワン泣いていた事だけは記憶している。

  吾輩はここで初めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは税理士と社会保険労務士という人間の中で一番可笑しな種族であったそうだ・・・

       
最新号 5月18日 お土産話


                           税理士と社労士のメルマガ&ブログ




 
  私どもの考えはご理解頂けましたか?「もう少し詳しい話を、直接、税理士や社会保険労務士に聞いてみたい」とお考えの方は、
  • 下記のメールフォームより「訪問日時のご予約」をメール送信
  • 「0467-32-5017」 へ電話
のいずれかでお申込み下さい。ご連絡をお待ちしています。

 私どもは「わが事務所をぜひ!」といった売込みは一切致しませんし、説得もしません。もちろん、訪問の後に、売込みのためのしつこい電話やメールもありません。あなたからのお返事を待つのみです。そのワケは、「契約の流れ」をご参照下さい。



  訪問日時のご予約 (※は必須項目)
〒: ※(英数半額 例 248-0011)
市:          ※(選択して下さい)
住所: ※(例 腰越 1-23-45)
会社名: (新規会社設立、個人屋号、でもOK)
氏名:
役職:   (社長、個人事業主など)
年齢:         ※(選択して下さい)
TEL: ※(英数半角 例 0467-32-1111)
FAX:   (英数半角 例 0467-32-2222)
Eメール: ※(英数半角 例 info@fujix.gr.jp)
HP:   (英数半角 例 www.fujix.gr.jp/)
業種:          ※(選択して下さい)
従業員数:           ※(選択して下さい)
希望時間:       ※(選択して下さい)
希望曜日:
       ※(選択して下さい)
特定日時:   第一希望  特にあれば記入
 第二希望  特にあれば記入
その他の
希望事項
コメント:


<営業地域>


鎌倉市・藤沢市及びその周辺地域(茅ヶ崎市・逗子市・横浜市など)



リンクフリーですが、リンクの際はメールにてご一報下さい

税理士&社会保険労務士選びでお困りのあなたのお友達を助けてあげませんか?
ここをクリックして、このホームページを紹介しましょう !!







ふじっくす

会社設立&法人成り

サイト内検索
鎌倉&藤沢支援サイト

Google

Web

www.kaisyasetsuritsu-fujix.com



HOME/会社設立/法人成り/起業&開業/資金調達/女性&シニア/税理士/社労士

最重要事項/プロフィール/報酬&料金/契約の流れ/リンク集/メルマガ&ブログ/SITE MAP/お問合せ



                                            このページの一番上へ↑





ふじっくす

 会社設立&法人成り

 鎌倉&藤沢支援サイト


 
E-Mail:info@fujix.gr.jp URL:http://www.kaisyasetsuritsu-fujix.com/

copyright 2005-2007 fujix accounting & labour office . all rights reserved.




独立起業&創業開業(鎌倉・藤沢)を税理士・社労士が支援 鎌倉・藤沢での独立起業&創業開業は当税理士社労士事務所