会社設立(鎌倉・藤沢)を税理士・社労士が支援 鎌倉・藤沢での会社設立は当税理士社労士事務所



ふじっくす

 会社設立&法人成り

 鎌倉&藤沢支援サイト

TEL 0467-32-5017  E-Mail:info@fujix.gr.jp

HOME 会社設立 法人成り 起業&開業 資金調達 女性&シニア 税理士 社労士
最重要事項 プロフィール 報酬&料金 契約の流れ リンク集 メルマガ&ブログ SITE MAP お問合せ

     HOME最重要事項

   最重要事項 


  私どもは、次のような方を顧問先として考えています。この5つの項目にどれも該当しない場合、顧問税理士や顧問社会保険労務士として、私どもはあなたにとっておそらく適当ではありません!他の税理士事務所や社会保険労務士事務所をお探し下さい。 


  1. 税理士や社会保険労務士を経営パートナーとして位置付け
  2. 鎌倉市・藤沢市及びその周辺地域で自宅開業
  3. 年間売上が5000万円以下で、社員は奥様などの親族が中心
  4. 経営者の年齢は30代〜50代
  5. 業種は、サービス業・小売業・飲食業など

  少しでも多くの顧問先を獲得するために、どこの税理士事務所や社会保険労務士事務所も、広範囲の地域のありとあらゆる業種や規模の会社を対象として、営業活動を展開しています。

  では、何故、私どもは「鎌倉市・藤沢市及びその周辺地域(茅ヶ崎市・逗子市・横浜市など)で自宅開業」に限定するなど、顧問先を最初からこのように絞り込んでいるのでしょうか?どうしても譲ることの出来ない税理士や社会保険労務士としての私どもの「こだわり」とは・・・




1. 税理士や社会保険労務士を経営パートナーとして位置付け


  「面倒な税金や社会保険の申告や手続をできるだけ安く済ませたい」というだけのご希望であれば、ちまたには「激安」を看板に掲げた業者が溢れていますので、そちらに依頼されることをお勧めします。

  私どもが目指しているのは、皆様が「儲かる会社」になるための経営サポートをすることです。もちろんご希望があれば、私どもの事務所でも各種の計算や申告の手続きは承ります。しかし、これらはあくまで経営サポートをするために必要な作業の一つにすぎません。

  顧問先が倒産や廃業の憂き目に遭うことほど、残念なことはありません。私どももお飯の食い上げです。そういった意味では、皆様と私どもは運命共同体と云えるでしょう。では、そのような双方にとって最悪の事態を回避するためにはどうすればよいのでしょうか?その答えは明快です。顧問先が「儲かる会社」になればよいのです。

  「儲かる」という言葉に少し抵抗のある方もいらっしゃるでしょう。しかし儲かるということは、「皆様の商品が評価され、これをご利用頂いたお客様を幸せにしている」ということです。お客様に感謝されなければ、儲かることは絶対にあり得ません。顧問先が「儲かる会社」になってこそ、私どもの未来も開けてくる、と考えています。顧問先が儲からないと、私どもも困るのです。

  では、そのために私どもは何をすべきなのか、と自らに問いかけたとき、単に計算や申告の手続きを代行しているだけでは、皆様の経営パートナーとしてお役に立っているとは云い難い、との結論に至ったのです。

  私どもがすべきことは、「販売促進を如何にして図るのか」「事業計画はどうあるべきか」「社員が活き活きと働くようになるためのポイントとは」「資金繰りをどうするのか」といった、会社が発展していくためには避けては通れない重要な課題を顧問先と一緒に共有し、共に手を携えて解決策を見出していくことだと考えています。

  そうなると、私どもの仕事のウエイトも、自ずと計算や申告などの手続代行業務だけでなく、それ以外のものにも置かなければなりません。しかし、有名経営コンサルタントよろしく「私どもにお任せ頂ければ、増収増益は間違いなし !!」などといったおこがましい事は、決して申し上げません。そもそも「従業員が数人程度に過ぎない超零細企業である税理士事務所に、どこまで経営というものが分かるのか」という問題があるからです。

  税理士は、あくまで税の専門家に過ぎず、世間一般には専門と考えられている会計の分野においてすら、専門家というには少しはばかるところ(会計の専門家は、会計士です)があります。ましてや、経営に関してのノウハウなどはないのです。もちろん、税理士試験に「経営学」などといったものはありません。にもかかわらず、既製のソフトを使用して「売上前年比103%、経常利益率・・・」といった数字の羅列だけをし、これをもって経営相談だと称している事務所が少なくないのです。

  なかには、「税理士は税の専門家なのだから、経営相談はやらない(出来ない?)」ときっぱり宣言している事務所も見受けられます。これはこれで、潔い、りっぱな考えです。しかし、前述したように「顧問事務所として、そのような関わり方で本当によいのだろうか?」という疑問が私どもにはどうしても拭えないのです。

  「特徴と強み」で詳しくご説明していますが、私どもには、顧問先の皆様と経営に関する課題を共有でき得る素地はある、と自負しています。私どもが目指しているのは「顧問先の皆様と同じ目線で、一緒に考えて一緒に行動する」ということです。先生が生徒に教えるがごとく「問題に対する解答を教授する」ということは、出来ませんし、目指すつもりもありません。

  このような考えから、「単に計算や申告の手続業務の外注先として税理士や社労士をお考えになっているのであれば、他の事務所に依頼された方が賢明です」と申し上げているのです。


2. 鎌倉市・藤沢市及びその周辺地域で自宅開業


  インターネットに代表される各種の通信手段が発達し、物理的な距離が業務の障害となる度合いが小さくなってきている今日、遠方の会社をも顧問先とするために営業活動を展開する事務所が増えてきています。では何故、そのような環境にあって「江ノ島から車又は公共交通機関で30分以内の距離」にこだわるのでしょうか。

  単に計算や申告の手続業務を請け負っているだけであれば、メールやFAXのみのやりとりでも充分でしょう。しかし、私どもの事務所が目指しているのは皆様の「経営パートナー」です。

  お互いのことを充分に分かり合うためには「膝を交えての直接のコミュニケーション」が重要です。しかし、物理的な距離があると、どうしても疎遠になりがちになり、結果として心理的な距離もできてしまうものです。何かあったときにすぐ駆けつけたくても、物理的な距離があれば、そうは簡単にいきません。

 各自治体が中小企業等に提供している支援サービスを皆様へタイムリーにご案内したくても、地域が異なればその情報にも疎くなってしまうものです。地元のお店や商品のことを比較検討するにしても、その街に住んで生活していなければ、肌感覚で語り合うことは出来ません。

 このような理由から、ご満足頂ける経営サポートをするためには、地域密着であることが極めて重要であるとの結論に至り、「 鎌倉市、藤沢市及びその周辺地域(茅ヶ崎市・逗子市・横浜市など)」に限定することと致しました。



3. 年間売上が5000万円以下で、社員は奥様などの親族が中心


  年間売上高や社員構成が直ちに事業規模を表すとは云いきれませんが、一つの重要な目安になることは事実です。一般的に、この規模を超えると、取引形態や組織体制が複雑となっていき、一顧問事務所が全体を把握しフォローしていける限度を超える状況になります。

 そうすると、私どもが目指している「経営パートナー」としての役割を充分に果たせなくなってしまう懸念が出てきてしまう、と考えているからです。


4. 経営者の年齢は、30代〜50代

  経営者が持っていらっしゃる価値観や人生観が、私どものそれと近いことが、お互いの意思疎通を充分に図りより良い信頼関係を築いていく上で極めて重要である、と考えています。同じ世代だからといって、必ずしも考え方が近いとは限りませんが、世代により異なる傾向にあるのもまた事実です。

  そのため、私ども(40代)の前後にあたる世代までの経営者の方のほうが、同じ価値観や人生観を共有し、より良い信頼関係を築いていく上で障害が少ないであろう、と考えているからです。

5. 業種は、サービス業・小売業・飲食業など


  主に一般消費者に対して商品やサービスを提供している民間企業に私どもは勤務していました。企業間取引が主体の事業であっても、税務相談や労務問題に対してお応えすることは出来ます。

  しかし、私どもが培ってきたノウハウを最大限に活かして、皆様からのご期待に充分にお応えするには、やはりサービス業、小売業、飲食業などのように一般消費者を販売対象としている事業形態の業種の方がよいはずだ、と考えているからです。
 



  いかがでしょうか。私どもの「こだわり」はご理解頂けましたか?この5つは、なんとなく並べたのではなく、1から5の順番で重要だと考えています。特に1と2は必須です。わたくしどもの考え方についてもう少し詳しく知りたい、とお考えであれば、「プロフィール」「報酬&料金」「契約の流れ」を是非ご覧下さい。ご理解が深まるはずです。

「もう少し詳しい話を、直接、税理士・社会保険労務士・行政書士に聞いてみたい」とお考えの方は、訪問日時のご予約 からお申込み下さい。あなたからのご連絡をお待ちしています。


  私どもは「わが事務所をぜひ!」といった売込みは一切致しませんし、説得もしません。もちろん、訪問の後に、売込みのためのしつこい電話やメールもありません。あなたからのお返事を待つのみです。そのワケは、「契約の流れ」をご参照下さい。


 
   メルマガ&ブログ


  鎌倉市・藤沢市及びその周辺地域(茅ヶ崎市・逗子市・横浜市など)で活動する税理士&社会保険労務士が発行するメルマガ「湘南鎌倉 商い知恵袋」の発行趣旨は、よくある「お役に立つ最新の情報を、いち早く読者の皆様へ」というものではありません。

  何故なら、このようなお題目でメルマガを創刊すると、必ずちまたに溢れる広告収入目当ての迷惑メルマガに陥ってしまうと確信しているからです。それでは、メルマガ「湘南鎌倉 商い知恵袋」の発行趣旨とは、一体何なのでしょう?

  最新号 04月21日 雇用契約書 ポイントその1 雇用期間


  吾輩は“犬”である。根城は鎌倉市・藤沢市あたりの界隈だ。どこで生れたかとんと見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でワンワン泣いていた事だけは記憶している。

  吾輩はここで初めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは税理士と社会保険労務士という人間の中で一番可笑しな種族であったそうだ・・・

       
最新号 5月18日 お土産話


                           税理士と社労士のメルマガ&ブログ




 
  私どもの考えはご理解頂けましたか?「もう少し詳しい話を、直接、税理士や社会保険労務士に聞いてみたい」とお考えの方は、
  • 下記のメールフォームより「訪問日時のご予約」をメール送信
  • 「0467-32-5017」 へ電話
のいずれかでお申込み下さい。ご連絡をお待ちしています。

 私どもは「わが事務所をぜひ!」といった売込みは一切致しませんし、説得もしません。もちろん、訪問の後に、売込みのためのしつこい電話やメールもありません。あなたからのお返事を待つのみです。そのワケは、「契約の流れ」をご参照下さい。



  訪問日時のご予約 (※は必須項目)
〒: ※(英数半額 例 248-0011)
市:          ※(選択して下さい)
住所: ※(例 腰越 1-23-45)
会社名: (新規会社設立、個人屋号、でもOK)
氏名:
役職:   (社長、個人事業主など)
年齢:         ※(選択して下さい)
TEL: ※(英数半角 例 0467-32-1111)
FAX:   (英数半角 例 0467-32-2222)
Eメール: ※(英数半角 例 info@fujix.gr.jp)
HP:   (英数半角 例 www.fujix.gr.jp/)
業種:          ※(選択して下さい)
従業員数:           ※(選択して下さい)
希望時間:       ※(選択して下さい)
希望曜日:
       ※(選択して下さい)
特定日時:   第一希望  特にあれば記入
 第二希望  特にあれば記入
その他の
希望事項
コメント:


<営業地域>


鎌倉市・藤沢市及びその周辺地域(茅ヶ崎市・逗子市・横浜市など)



リンクフリーですが、リンクの際はメールにてご一報下さい

税理士&社会保険労務士選びでお困りのあなたのお友達を助けてあげませんか?
ここをクリックして、このホームページを紹介しましょう !!







ふじっくす

会社設立&法人成り

サイト内検索
鎌倉&藤沢支援サイト

Google

Web

www.kaisyasetsuritsu-fujix.com



HOME/会社設立/法人成り/起業&開業/資金調達/女性&シニア/税理士/社労士

最重要事項/プロフィール/報酬&料金/契約の流れ/リンク集/メルマガ&ブログ/SITE MAP/お問合せ



                                            このページの一番上へ↑





ふじっくす

 会社設立&法人成り

 鎌倉&藤沢支援サイト


 
E-Mail:info@fujix.gr.jp URL:http://www.kaisyasetsuritsu-fujix.com/

copyright 2005-2007 fujix accounting & labour office . all rights reserved.




会社設立(鎌倉・藤沢)を税理士・社労士が支援 鎌倉・藤沢での会社設立は当税理士社労士事務所